委員会紹介

委員会紹介

会員資質向上委員会 委員長 林 和成

 青年会議所の運動目的は「明るい豊かな社会の実現」です。しかし、その大きな目的を達成するためには我々青年会議所メンバーだけでなく、多くの人たちと共に、社会をより良いものに変革していかなければなりません。そのためには、自らが変革の能動者たらんとする青年として、青年会議所の理念の実現を目指し、運動を発信していかなければなりません。メンバーは周囲の人々、そして社会を「巻き込み」、動かしていく力を身につけていくことが必要になります。
 青年会議所の活動の中には、沢山の仲間との出会いと自らを成長させる学びの機会が数多く存在します。その機会は全てのメンバーに平等に与えられてはいますが、積極的に行動に移し参加しなければ、学びの機会を活かす事ができません。メンバーが青年会議所運動の理念や本質を理解し、率先して行動に移す必要があるのです。まず初めに、一人ひとりが主体性を持ち、能動的に活動に取り組むことができるよう、青年会議所運動の理念や本質を、深く理解する取り組みを行います。また、多くの人々を巻き込んでいくためには、青年会議所が社会からの信頼を勝ち取っていることが必要です。そのためには、我々メンバーの一人ひとりが周囲の方々から信頼されるよう、JAYCEEとしての自覚を持ち、品格ある立ち振る舞いができるようにしていかなければなりません。そして、社会を変革していくために、自らが考え、行動できることが必要です。そこで、これまで青年会議所が培ってきたノウハウを活用し、実際に行動していくための知識とスキルを学ぶ機会をメンバーに提供します。これらのステップを通じて「明るい豊かな社会の実現」という高い志を持ち、率先して行動することで、周囲の人々を巻き込み、社会を変革していくリーダーとしての資質を持った人材を育成していきます。
 会員資質向上委員会では、主体性を持つことで、能動的に行動に移すことのできるメンバーを育成する事業を展開します。「巻き込む力」を身につける過程において戦略的に活動する中でメンバーが真剣にぶつかりあい、切磋琢磨することで個人の資質だけではなく組織力も高まります。「明るい豊かな社会の実現」に向かって、社会をより良いものにしていくための運動に、本気でかかわり成長していくことで、メンバーと周囲の人たちがより豊かなものになっていくと確信し、1年間委員会メンバーと共に、率先して行動してまいります。

岩国の未来創造委員会 委員長 山本貴弘

 我々の住む岩国市は、毎年多くの観光客が訪れるまちであると共に、現在は米軍基地再編によりインフラなどの再開発が進んでいきます。しかし、若年層の流出により、企業や働く世代が減少し、さらに自らが住まうまちへの無関心が年々広まると共に、世代間のまちに対する意識の差も顕著に表れています。次世代のまちづくりを担う若者の減少、参加率の低下により、まちの活気が減少するという負の連鎖を断ち切り、多くの市民のまちへのおもいが連鎖する、心躍り未来へと希望に満ち溢れたまちづくりをする必要があります。
 まずは、岩国市の人口流出の現状をより正確に理解するために、地域の活性化に取り組む行政や教育機関との情報交換を行い、相互啓発を深めながら、問題分析を推進します。そして、我々の行う運動に対しての協力を得るために、他団体の取組みにも参画し、発展的な関係構築を進め、地域全体で課題解決に挑戦する契機を創出します。また、私たちの住み暮らす岩国には、歴史、文化、伝統など多くのソーシャルストックが存在しており、まちづくり運動には無限の可能性があります。市民が誇れる地域資源を有効に活用するためには、今ある地域の宝を学び、市民と共有することで郷土岩国への愛着と誇りを持つことへ繋げます。さらに岩国の地域の宝・魅力を岩国市だけでなく、他の地域へも積極的に情報発信していくことが重要です。これからの岩国の地域活性に必要な事は、ソーシャルストックを活かしたまちづくりを通じて、多くの岩国市民に関心を持っていただき、ともに笑顔で楽しみながら、人・物・資金・情報が循環し、継続的な発展に繋がるまちづくりを行います。本事業が一年で終わる単発の活動として完結するのではなく、これからも地域の素晴らしさを伝える事のできる運動として機能し続けるために、活動してまいります。
 岩国の未来創造委員会では、一年間の活動を通じて、岩国のこれまで築き上げてきた地域の宝に誇りを持ち、青年らしい自由な発想で岩国のまちづくりを行い、市内外へ岩国の魅力を発信することのできる事業を開催いたします。また、単発の事業で終わるのではなく、経済性や事業に参加する関係者の実益および、持続可能性を内包した計画を樹立し、継続して活動をすることができる、心躍り希望あふれる岩国の実現へと繋げます。これからの未来に向けて、夢あふれる岩国のまちづくりに一年間、積極的に取り組んで参ります。

次世代創造委員会 委員長 畑原勇太

 昨今、次世代を担う子ども達が起こす事件や子ども達に起きる事件を新聞やニュースなどで目にする事が多くなりました。これらの要因には少なからず、昔とは異なり、地域との付合いなどが希薄化し、地域の子ども達とふれあう機会が減り、人から人へと伝わっていく教えや、子ども達への道徳教育が行き届いていないことがあげられます。まずは、我々が自分自身を見直し、そして、次世代を担う子ども達にとって相応しい学べる環境を整え創っていく事が、我々青年会議所をはじめ、地域に住む大人達の責務であります。
 青年会議所に入会し、人を磨く事が出来るのは人しかないという言葉をよく耳にします。我々が子ども達に接する関係性も一緒であり、子どもは大人の行動や発言を見て真似をすることで、そこから知識を得る事も少なからずあると考えます。子ども達に胸を張って教えていけるように、まずは、己の中に正しいと思える「ゆたかな心」を持つことが大切であります。私は、日本人として礼儀を重んじ、個では無く集を重要とし調和をとる、これを幹とし、青年経済人らしい柔軟性を持ち、多種多様に変化する時代に合わせた共育を行っていく必要があると考えます。これらの事を踏まえ、まずは、子ども達と接する前に、我々は今一度、自分自身を見直し、正しい視野を持つ事で、これまでとは違った情報や知識を捉えられる事ができるようになります。それは、これからの子ども達の将来に向けて意味のあるものになると考えます。さらに、「ゆたかな心」を育むうえで大きな要因となるのは、様々な人や文化、歴史等と関わる事であり、幅広い知識を身に付け、新しい情報を得る事で、広い視野の価値観が生まれると考えます。我々は、青年経済人として経済人らしい知識や経験、又、「明るい豊かな社会」を築く意思も踏まえながら、少しでも多くの次世代を担う子ども達に「ゆたかな心」を伝え、発信していく事が、我々青年会議所にしか出来ない共育であると考えます。
 次世代育成委員会は、子ども達に様々な出来事や、多くの人との出会い、日本だけでなく海外の文化や宗教等、多種多様な出会いから知識や情報を得る事を経験させ「ゆたかな心」を学べる環境を創り、育む事業を開催します。そして、子ども達が他に囚われる事なく、適切な判断ができる子どもに成長させ、これからの日本を担う次世代として、共に「ゆたかな心」を育む共育を目指す、委員会運営を行います。

総務広報委員会 委員長 植木洋光

 岩国青年会議所は62年間「明るい豊かな社会の実現」のために、様々な事業や活動を先輩諸兄が築き上げてこられました。現在でもその想いを受け継ぎ活動を行っておりますが、近年では会員数が減少し、入会歴の浅いメンバーが多くなったことで、会員同士の結束や連携などが希薄化しているように思えます。また、青年会議所が行っている事業や活動の認知度はそれ程高いとは言えず、広報活動がうまく機能していない現状があると感じております。私たちはより強固な組織へと進化させるべく、積極的に活動を行うと共に、一人ひとりの意識を更に向上させる必要があると考えます。
 まず、当委員会では年間を通じ、総会や例会を企画運営し「仲間が結束できる一体感のある会場づくり」を目指します。そこには、JAYCEEであるというプライドを会員全員が共有できなければいけません。そして、強固な組織づくりの下支え役として、私たち総務広報委員会はそれぞれの委員会との連携を深め、各委員会の事業を全力でサポートしていきたいと考えております。そのために、情報発信力の強化や当委員会メンバーのスキルアップは当然必要だと考えます。そして、広報活動を効果的に行うためには単なる情報の発信だけではなく、地域住民の皆様にとって有益な情報であり、尚且つ、意識変革のきっかけにならなければいけません。情報化社会の今日において、組織の顔となるのがホームページです。私たちの活動を多くの方に知って頂くためには、魅力あるサイトづくりと、併せてプレスリリースなどの情報発信が重要です。まち、そして未来のために活動する団体として、今こそ一人ひとりが自覚を持ち行動を起こす。そうすることで、自ずと仲間は増えていき、岩国青年会議所の価値が高まり、私たちの思い描く「明るい豊かな社会の実現」への一歩となることを確信しています。
 本年度総務広報委員会では「新しいあたりまえ」「挑戦すること」をモットーに様々な活動を行って参ります。組織の総務として会を円滑に運営できるよう努めると共に、会員相互が連携して様々な活動が効果的にできる体制をつくります。そして広報活動においては、ホームページ・SNSの内容を充実させ、動画配信や会員の紹介などを新たに取り込み、魅力的でタイムリーな情報を広く社会に発信していきます。現在から未来へ、また地域への懸け橋となるべく、総務広報委員会の活動を1年間邁進して参ります。

PAGE TOP